「医療」の記事一覧

是非心がけてほしいのは虫歯の引き金となる虫歯菌や歯周病菌を乳幼児への感染から守るためにも…。

歯科

歯に付く歯石は、プラークと質が違い硬いため、毎日の歯みがきで取り除くのがやっかいになるばかりか、快適な細菌に向いた住居となり、歯周病を招きます。虫歯の予防措置は、単に歯磨きのみでは不可能で、大事なのはこの虫歯を誘発する原・・・

人工の歯の抜き出しがやれるというのは…。

歯科

審美の観点からも仮歯は大事なポイントです。両方の目をまっすぐに繋ぐ線と前の歯の端がまっすぐ同士でなければ、まるで顔の全部が曲がった印象になります。人工の歯の抜き出しがやれるというのは、加齢にともなって変貌する口腔内と顎関・・・

応用範囲の特に広い歯科治療用のレーザーは…。

歯科

応用範囲の特に広い歯科治療用のレーザーは、ラインナップも豊富で、他に色々な医療の現場に採用されています。以後更に期待されています。仮歯が入ると、見た感じが不自然ではなくて、食事や会話等の日常生活においても悩むことがありま・・・

普通なら医者が多いと…。

歯科

きちんとした日常生活を心に刻み、唾液によった補修作業に向かわせるという要所を見極め、ムシ歯への備えという点を考慮する事が理想とされます。永久歯は一般的には、32本生えてきますが、稀に、永久歯の生え揃う年令になったとしても・・・

綺麗で整った歯列になりたい人は…。

歯科

本来の歯の正しい噛み合わせは、ゆっくり食べ物を噛む事で歯が磨り減り、個々の顎や顎の骨の形状に適合した、個性的なピッタリとあった噛み合わせが作られます。あなたもご存知の通り口内の唾液は、酸味の強そうな物や、美味しそうに見え・・・

歯と歯の噛み合わせの狂いは…。

歯科

エムドゲイン剤を歯周外科の治療時に付ければ、最初に歯が生えてきた時の様子と同様の、頑丈に定着する歯周組織の再生促進ができるようになります。たとえ成人になったとしても永久歯はむし歯になってしまいますが、乳歯はその構造上、永・・・

歯の矯正によって外見に対する劣等感で…。

歯科

歯の外面に引っ付いた歯石や歯垢を取ることを、デンタルクリーニングと呼びますが、さきほど述べた歯垢と歯石などは、虫歯を引き起こす病根となりうるものです。今流行のインプラントとは、歯肉の内部に存在する顎の骨に、チタンでできた・・・

口臭を防ぐ作用のある飲料に…。

歯科

歯肉炎ができてしまうと、毎日の歯磨きの時、リンゴを噛んだ時、歯グキから血が出たり、歯茎がなんとなく痛痒い等のこうしたトラブルが現れます。審美歯科によって行われる療治は、「悩みのタネはどうしたものか」「どんな笑い顔を手にし・・・

セラミックの技法と言いますが…。

歯科

いずれの職種の労働者にもいえることですが、歯科医院に勤務する歯科衛生士のような患者のいる医療機関に身を置いている人は、一層仕事中の身だしなみに気を配らなければならないのです。医師によるインフォームド・コンセントは、患者の・・・

是非心がけてほしいのは虫歯の引き金となる虫歯菌や歯周病菌を乳児に寄せつけないためにも…。

歯科

口臭を抑える効能がある飲料として、まずコーヒーがあげられますが、たくさん飲みすぎると口の中がカラカラになり、残念なことに嫌な口臭の要因となる可能性があります。プラークコントロールというキーワードからは、毎日の歯のブラッシ・・・

針の無いがついていない無針注射器のシリジェットと痛みの少ない各種レーザー治療器を取り入れて処置することにより…。

歯科

口腔内が乾くドライマウスは、ストレスが発端で発症する場合も少なくないので、更にこれからの社会では、多忙な男性にも症状が起こる可能性は存分にあります。ムシ歯を誘因するのは、ミュータンス菌として研究されている原因菌による仕業・・・

審美歯科治療において…。

歯科

まず最初に、歯みがき粉を使用しないで念入りにみがく方法を練習してから、最後の仕上げの時にちょっと歯みがき粉を塗るようにすると丁寧なブラッシングができるようになるでしょう。診療機材などハードの側面については、社会から切望さ・・・

本来の唾液の役割は…。

歯科

本来の唾液の役割は、口腔内の洗浄と抗菌することです。でも、それだけではないと言われています。再び歯を石灰化するには唾液が絶対に要るため、分泌される量というのは欠かせない項目です。つい最近になって歯周病の元凶を取り払う事や・・・

歯肉炎ができてしまうと…。

歯科

歯肉炎ができてしまうと、歯を磨く時、りんごなどをそのまま齧りついた時、歯茎から血が出てきたり、歯ぐきがなんとなく痒いなどのこうした病状が起こるようになります。大きくなってしまった歯周ポケットという隙間には、不潔なプラーク・・・

歯を白くするホワイトニングは…。

歯科

近頃では医療の技術開発が一気に進展し、針の無い注射器や各種デンタルレーザー治療器を用いる事により、かなり痛みを減らせる「無痛治療」という処置が用意されています。大人と等しく、子どもの口角炎にもさまざまな因子が想像されます・・・

外科処置を行う口腔外科という所は…。

歯科

ムシ歯を引き起こすのは、ミュータンス菌という名前の付いた大元の菌による作用です。口のなかにムシ歯菌が出現したら、それを完璧に除菌するのはすごくハードルが高いのです。一番初めは、歯磨き粉無しで十分に歯を磨く方法を練習してか・・・

歯列矯正により姿容の引け目で…。

歯科

キシリトールの成分には虫歯を止める特徴があるとされた研究結果の発表があり、その後、日本はもちろんのこと世界のいろんな国で精力的に研究が続けられてきました。口臭の有無を一緒に暮らす家族にさえ尋ねられない人は、かなり多いとみ・・・

臭いが気になって…。

歯科

セラミック技法と一口にいえど、バラエティに富んだ材料と種類があるため、歯科の先生と心行くまで相談して、自分にとって良い施術方法を選択してください。甘い食物を大量に食べすぎてしまったり、歯を磨くことをなおざりにすると、歯周・・・

長々と歯を酷使していると…。

歯科

入れ歯というものに対して思い描く負の心情や思い込みは、自身の歯を使った感じと対比させるがために、拡大していってしまうと潜考されます。インプラント対策の嬉しいメリットは、入れ歯をすることによって引き起こされる短所を解決する・・・

保持は…。

歯科

保持は、美容歯科の療治を終え満足な術後にはなったとしても、横着せずに継続させなければ徐々に元に後戻りします。例えば噛みあわせのトラブルのなかでも殊に前歯がよく当たってしまう状況だと、噛みあわせるたびに強い衝撃が、上顎の骨・・・

上部の親知らずは…。

歯科

大切なのは虫歯の病根である虫歯菌や歯周病菌を赤ん坊に近づけさせないためにも、婚儀を目前に控えた女性陣は虫歯を治す治療は、できる限り果たしておかなければならないと言えるでしょう。今、ムシ歯に悩んでいる人、それとも以前に虫歯・・・

半面…。

歯科

歯科技工士が作った義歯の取り離しが可能だというのは、年月を経るにつれて違いをみせる歯とアゴの様子に対応して、調節が実施できるということです。第一段階は歯周病の原因となる細菌が歯の表面にへばり付き、それが発端となって歯肉に・・・

口の匂いを気にして…。

歯科

口の匂いを気にして、洗浄液やガムなどを用いているのだとすると、歯垢を排除する対策を取り急ぎ試してみましょう。あの不愉快な口腔内の匂いが治まってくるはずです。自分が自覚症状がない間に、歯には割れ目が生じてしまっているという・・・

意外なことに唾液は…。

歯科

今流行のインプラントとは、歯肉の内部に在るあご骨に、チタンで作られた人工歯根を埋入し、その部分に人造歯をきっちり装着する技術を言います。普通永久歯というのは、32本生えますが、状況によっては、永久歯が全部出てくる年齢にな・・・

糖尿病という側面で考えると…。

歯科

外科処置を行う口腔外科とは、むし歯、歯槽膿漏更には入れ歯等の処置だけでなく、他にも口腔内に発症する色々な障害に対応できる診療科でしょう。親知らずを取り除く時には、とても強い痛みを免れないことが要因で、麻酔に頼らない手術を・・・

審美歯科に係る診療は…。

歯科

審美歯科においては、見かけばかりではなく、噛み合わせや歯並びの修正をし、その所産として歯牙が持つ本来の美しさを取り戻すということを探っていく治療の手法です。応用範囲の非常に大きい歯科専用のレーザーは、種類が豊富で、これ以・・・

審美歯科に係る医療は…。

歯科

歯の噛みあわせの相談の中でもことさら前歯が何度も当たるような状態では、歯を噛みあわせる都度ショックが、上の顎骨の前や鼻骨に直接かかってきます。大人と同様に、子供がなる口角炎にも複数の病因が想定されます。ことさら多い原因は・・・

びっくりするかもしれませんが日本は歯の病気予防においては残念なことに後進国といわれ…。

歯科

仮歯を付けてみると、外見も良くて、会話や食事にも気を遣いません。そして仮歯により、まだ治療中の歯が傷ついてしまったり、歯列が歪んだりする事はないのです。プラークが蓄積しないうちに、日々歯石予防を忘れずおこなう事が、大層重・・・

セラミック処置と一口に言えど…。

歯科

セラミック処置と一口に言えど、色々な材料と種類などが実用化されているので、かかりつけの歯医者とよく相談して、自分に最適な内容の処置を選んでください。歯のレーザー施術は、虫歯そのものをレーザーで殺菌させ、それのみか歯表層の・・・

嬉しいことにインプラントは…。

歯科

規則的な日頃の生活になるよう注意し、唾液からの復元作業をさらに助長するという要点を見極めた上で、虫歯への構えということについて考察する事が望まれます。いずれの職種の働く人に対しても当てはまる事ですが例えば歯科衛生士のよう・・・

口の中が乾くドライマウスというのは…。

歯科

現代では医療の技術が進展し、なんと無針注射器シリジェットや様々なレーザー治療器を使う事により、かなり痛みを軽くできる「無痛治療」という方法が開発されています。口の中が乾くドライマウスというのは、ストレスによって見られるよ・・・

審美歯科とは…。

歯科

残念ながら日本は歯の病気予防において残念なことに後進国と言われており、欧米人と比較しても、日本人の歯の寿命が縮まってきています。ハナから歯に限らず病気予防全般における思想が違うのだと思います。ニオイが気になって、市販のガ・・・

口の開け閉めが起こす筋肉の緊張を減らし…。

歯科

口の臭いを和らげる効き目のあるドリンクに、代表的なのがコーヒーですが、大量に飲みすぎると口の中がカラカラになり、ともすれば嫌な口臭の原因となるということがわかっています。口内炎の発生する病因は、ビタミン摂取が不十分なこと・・・

たとえ歯のホワイトニングをしなくても…。

歯科

審美歯科の治療とは、相好ばかりでなく、噛み合わせや歯並びの不具合の修整を行い、その結果、もともと歯牙が持っている美しさを復するということを求める治療方法なのです。インプラントを実施するメリットは、入れ歯をすることによって・・・

口角炎において最も移りやすい環境は…。

歯科

甘いもの等をたくさん食べたり、歯磨きを手抜きすると、歯周病の原因となる菌が蔓延し、プラークが増加してしまい、最終的には歯肉炎が生じてしまうとされています。歯の表層のエナメル質に固着した歯石と歯垢等を取り除くのを、総称して・・・

ページの先頭へ